レンタルサーバー各社でこんな違いが?!
レンタルサーバー基礎知識
役立つ情報だけを集めました!

sslと独自ドメインが使えるレンタルサーバー

sslに対応しているレンタルサーバーを使おう

企業でWebサイトを公開し、顧客にサービスを提供する場合、顧客がフォームを使って送信するデータを第三者から傍受されて中身を読まれないようにする仕組みが必要になってきます。
レンタルサーバーは、サーバープログラムを使うのに適した環境を提供してくれ、近年では、セキュリティに対する企業ニーズが高いですので、企業がレンタルサーバーを使う時には、sslに対応している物を利用するようにした方が良いです。
sslで暗号化してHTTPSプロトコルでデータの送受信を行っていく事によって、サイトを利用している顧客が安全にデータをやり取り出来る環境を整える事が出来ます。

sslと独自ドメインを使えるレンタルサーバーが良い理由は?

また、独自ドメインを使えるレンタルサーバーを利用しておけば、その独自ドメインを使ってサイト運営を行う事が出来ます。
企業サイトは、独自ドメインに企業名を連想するようなキーワードが含まれているドメインを選ぶ事で、企業の宣伝として活用する事が出来ます。
最近のレンタルサーバーは、複数の独自ドメインを設定する事が出来ますので、用途に応じてドメインの使い分けをしていきますと、より効率的なサイト運営を実施していく事が可能です。
sslと独自ドメインを併用する事で、企業サイトのセキュリティを守りながら、オリジナル性の高いサイトを継続的に運営していく事ができ、Webアプリケーションを安全に運用していく事で、企業の顧客に対するサービスの提供を実現出来ます。
パスワードなどが漏れない対策をしておく事が、企業サイトには求められています。