レンタルサーバー各社でこんな違いが?!
レンタルサーバー基礎知識
役立つ情報だけを集めました!

CPIのレンタルサーバーは3つのプランから選べる

CPIは法人での運用に適したサーバー

企業サイトは、安定して長期間運用出来る環境が求められます。
安定した環境を構築するには、サーバのセキュリティホールを直ぐに発見して対応出来る業者が提供しているレンタルサーバーを活用するのが有効です。
CPIは、ユーザーの用途に応じた3つのプランを用意しており、セキュリティ面でしっかりとしています。
出来るだけ運用コストを抑えたいといった場合には、共有スペースを使うプランを利用するのが適しています。
Webアプリケーションファイアーウォールを搭載していますので、不正な攻撃からWebアプリケーションを保護する事が可能です。
Webアプリケーションを安全に運用するには、幾度もテストを行う事が有効ですが、テスト環境を使う事も出来ます。

データ消去・障害時にも安心のバックアップ機能あり

バックアップ機能も充実していますので、障害が発生した時に、元の環境へと戻す事ができ、サイト運用の信頼性を高められます。
マルチドメインを使えば、複数のサイトを公開していく事が出来ますので、目的に応じてサイトの使い分けをしていく事が可能です。
共有スペースプラン以外では、専有サーバプランが存在します。
専有サーバプランを使う利点は、より高度なWebアプリケーションを構築して稼働させられる事です。
高速なネットワークを使っていますので、アクセスしてきた人々がサイト上のサービスをストレス無く使っていく事が可能です。
CPIのレンタルサーバーは、企業のニーズに合った環境を提供し、各種サポートも充実しています。

≫ CPIの特徴[参考]